November 29, 2004

出入国管理法「第五条第1項」ってなに?

■シリーズ上陸特別許可(その3)

Q 在留資格認定証明書の申請しましたが、結果は不交付。入国管理局から送られてきた文書には、「出入国及び難民認定法第五条第1項に定める上陸拒否事由に該当している」という理由が書かれていました。これはどういう意味ですか。


A. この通知にある入管法の第五条第1項を見ると、入国管理局が原則として入国させてはならないとする、外国人の条件が箇条書きになっています。このひとつひとつが「入国拒否事由」とか「上陸拒否事由」と呼ばれているもので、ひとつにでも該当する外国人の入国に関する審査は、たいへん厳しいものになってしまいます。

■主な入国拒否事由

・刑事事件で一年以上の懲役刑
・薬物関連法違反
・売買春業務の従事歴
・出国命令制度による退去(1年間)
・複数回の退去強制(10年間)
・1回の退去強制(5年間)


 当相談室に寄せられる相談で、じっさいに適用されるケースが多いものを上げると上記のようなものになります。下の3つは、いずれも過去に日本でオーバーステイをしたことによるもので、最後に退去した日から1年から10年までの期限があります。配偶者が呼び寄せる場合は、この期限を過ぎることが再入国できる時期のひとつの目安になります。
 上の3つについてはとくに期間の定めはありません。また、国内の事件だけでなく入国管理局が知るところとなれば、海外の事件も対象になります。
 上陸拒否事由に該当している外国人が日本に入国するときには、空港や港の入国手続きを受けて入国するのですが、通常の上陸許可と区別され、すべて上陸特別許可ということになります。とくに法令に定められているわけではありませんが、事実上、国内の空港や港にやって来る前の段階で、入国管理局の了解を取り付けておかなければならないと、考えてください。

 また、法文を自分で確かめた方のなかには、
「第五条第1項って、『感染症の所見があるもの、または患者に該当する者は本邦に上陸できない…』って書いてあるのだけれど、これはどういうこと?」
と、ご質問をいただくことがあります。これは、法文の読み違えによるもので、じっさいの法文の中では、慣例的に第○条の第1項は番号を書かないことから、生じる勘違い。誤って「第五条第1項の一」を参照してしまっているのです。
 第一号から第十四号までの上陸拒否事由が並んでいる部分の全てが「第五条第1項」です。入国管理局の通知ではなぜか、第何号が該当するのか、指摘してくれません。指摘してくれればこのような誤解をする人も減るし、不交付理由もグッと分かりやすくなるハズなのに、不親切ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2004

上陸特別許可はどうやって申請する?

 以前、「上陸特別許可のへの道」というシリーズをここにアップすると書いたものの、それきりになっていました。過去のみしゅっくの当事者メーリングリストでのコメントに修正を加える作業を続けながら、ぼちぼち行きます。


Q1 上陸特別許可の申請ではないと指摘されるのですが?
入国管理局の担当者や、行政書士の方に私が妻のことについて、上特という言葉をつかうと、
「ご主人、いつもあなたは、上特、上特とおっしゃいますが、上特は空港までやってきて行うもので、あなたの奥さんは在留資格申請ですよ!! 勘違いしてはダメですよ」
と何時もおっしゃるのですが・・・。 これは、どう言うことなのでしょうか?


A1 呼び方が定着していません

 たしかに、「上陸特別許可」のファーストステップは「上特の申請」ではありません。厳密に言うと上特の申請は、空港まで着てから、入国カウンターの審査官に対して行なうものです。窓口でも「上特の申請」というと、事情に通じた職員なら理解できるでしょうが、中には「…?(そりゃ空港だ)」と思う方もいるのです。

 入国拒否事由に該当する外国人配偶者を呼び寄せようとするとき、まずは国内の入国管理局から在留資格認定書の交付を申請することになりあす。
 そこで一般の申請と区別するために、あなたの申請を正確に表現しようとすれば、
「上陸特別許可を前提とした、在留資格認定証明書の交付申請」
とか、あるいは、
「上陸拒否事由の該当者に関する、在留資格認定証明書の交付申請」
と言えばよいのでしょうか。いずれも、呼称としては長すぎるような感じがします。
(少なくともタイトルや見出しには使えません)。とくに定着した呼称がないというのが現状です。

 まあ、そんな状況ですから、そんくらいのことで、たしなめようとするような横柄な職員には、
「1999年の国会審議で、入国管理局自らがこの件にかんしては『上陸特別許可で適切に対応する』
 と答弁してるじゃないですか。やだなぁ。そんなこともしらないんですか? 」
と、教えてあげてください。
(言い方しだいでは、小馬鹿にした感じになり、腹いせにはなるけど、疎んじられることでしょう。)
 なにせ、「上陸特別許可」なんて言葉が意識されるようになったのは、この1999年の国会審議の時が初めてといってもいいくらいなのです。当時、支援団体間の実務者用メーリングリストで、「在留資格認定証明書の交付を受けた拒否事由該当者の入国は、上特か否か」なんてことが真剣に議論されていたくらいです。

 本来は、海外の要人が成田で飛行機を乗り換えるため、一時寄港した瞬間に日本に亡命するようにして入国するとか、特別な地位にある人を緊急に入国させるための制度というイメージが、かつては強かったのです。
 配偶者を呼び寄せるケースでも、当初はこれを真似て、成田や関空に到着させて申請するという、荒業が取られたこともありました。このようなやり方は、しだいに許可されない傾向が強まり、弁護士を空港に張り付かせるなど費用が嵩むこともあって、なかなか実行することが難しくなりました。

 その後、しだいに知名度は高まっているでしょうが、おそらく入国管理局の窓口レベルでは上陸特別許可の実態について、正確な知識を持たない職員も、全国にはまだたくさん居るはずです。

 さて、ここで「上特手続き」のプロセスをフローチャートにしておきましょう。

-----------------------------------
チャート図:上陸特別許可にいたるまでの流れ
-----------------------------------

1.在留資格認定証明書の交付申請(国内の入国管理局)

    |                    ↑
    |…………………(不交付)………

 (同証明書の交付)

    |

2.ビザ(査証)の申請 (海外の日本大使館・領事館)

    |……………(協議事案)……外務省…法務省入国管理局…地方入国管理局

    |                                        ↓

 (ビザの交付)←……………………外務省…法務省入国管理局…地方入国管理局

    |

3.上陸特別許可の申請 (入国時:空港や港で)

    |

 (上陸特別許可)=在留資格の取得


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2004

新シリーズ:上陸特別許可の道について

 あたらしいシリーズとして、不幸にも上陸拒否事由に該当してしまった外国人の夫や妻を呼び寄せるための手続きである「上陸特別許可」のハウツーものをここにはじめんとせむ。

 え、入管法改正案の審議の話はどうしたのかって?
 そっちも並行でやるということなのだけど、なにぶんにもそっちは時事ネタなので、どうしても書き下ろしが必要になって、苦しいわけです。
 だったらすでにありネタもあるので、そっちで展開してみようという安易な企画です。
 それにブログを使ってありネタを整理しながら、ちったあまとまった形で、見やすくお見せしようという狙いもあります。
 というわけで、このブログサイトは、今後2つの方向を持つということになりますのでご注意ください。更新順にだけ眺めていくと分けがわからなくなるかもしれません。

 過去ログを確認するためには、左にある「カテゴリ」のうちお好きなやつをクリックしていただければいいしわけで、初めて見て抱くような方にはそちらを利用していただくのが良いかと思います。

 当面この話題について参考となるページを3つご紹介して、まずはおしまい。

【みしゅっくオンライン】より
・ビザ申請待ち時間情報:上陸特別許可編】
  まずはこちらから基本情報を
・みしゅっく倶楽部メーリングリスト「上得するぞ!」
  こちらは、約100組が参加する当事者限定ML。ここで管理人を務めながら研鑚しています。
【自分のHP】より
・だれもが1年!「COME BACK FOR 1 YEAR !」 (キャンペーン行動計画案)
  やや硬い分ですが、状況がわかりやすくまとめてあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)