November 28, 2005

フランスの「暴動」関連ブログ(最終回)

「パリ郊外もほぼ日常にもどる」(うるわしのブルターニュさん・11/19)というが、あっしには、けっきょくのところ何がどうやって収束を向かえたのか良くわからない。
 今回は、日本語でブログを見渡すだけで、現地有力紙に掲載された論文の邦訳もいくつか日本語で読めた。ほんのいくつかに過ぎないのだろうが、フランスの論調の一端をかいま見ることができたような気がした。

たぶん日本でもそんな時期が

 たとえ首相が低俗な言葉を思わず(たぶん)口走ってしまうレベルだったにせよ。こうしてぶつかれるフランスや議論できるがうらやましい。日本からなんと論評しようが、あっしには、今の自分の身の回りの状況は、フランスのようにギクシャクできる4歩も5歩も手前でウジウジしてる状態にしか見えないからだ。たぶん、あっしがこうしたらいいじゃないかと、このブログで書いてきたようなことが上手くいっても、さらにその先には、同じではないが似た状況が待っているような気がする。いや、そういう経過をたどって乗り越えていく覚悟を持ちたいと思う。
「ああなっちゃフランスも大変だよね」としたり顔かつ他人事のように言うような論調、それが日本の大手メディアの基調だ。「かの国、おフランスでは」と礼賛するつもりではないが、大手メディアのそんな論調に対してという前提で「あっちの方がはるかに進んでいるのだ」と論陣を張りたい気がしてくる。

おわりに

さて、たまたま10月末にアップした書評がタイムリーになったことから、
TBを張ろうとしてブログを廻り、ついでにご紹介した当シリーズは今回で終了。
フランスはこの辺にして、そろそろ当ブログの本来の立ち位置に戻らなくっちゃ。
再掲になるブログも多いのですが、今後は以下のブログをご参照ください。

仏蘭西徒然草
▼意欲的にフランスの新聞から関連記事を訳出。

2005/11/18/ フランスに差別・偏見はあるのか?…アラン・バディウが養子を通して垣間見た世界
▼警察による郊外若者「コントロール」の実状?
2005/11/17/ フランス暴動 極右政党Front Nationalのジャン=マリー・ル・ペンは
2005/11/16/ フランス暴動 暴徒の家族に経済制裁
▼低所得者層の家族だけに効力があるそうで…。狙ったのかな。
2005/11/15/ フランス暴動 シラク演説 アファーマティブ・アクションは否定
2005/11/15/ 暴動分析 エマニュエル・トッドインタビュー(ル・モンド紙)の続き
2005/11/14/ 暴動分析 エマニュエル・トッド インタビュー(ル・モンド紙)
2005/11/13/ フランス社会の最貧層レポート(リベラシオン紙)


ね式(世界の読み方)ブログ

2005/11/18 “フランスの階級”という宿題の続編


天神茄子:読書でもするか

2005/11/18 エマニュエル・トッドの記事について
2005/11/15 Next the fire ! 次は武器だ!

antiECOがいるところ

2005/11/12/ 【フランス】貧困層と聞いてあなたの抱くイメージは?」ってはてなで聞いてみる?
▼「一度は流通する概念を疑えって」ことで、かなりの力作。


Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。

2005/11/24/ 「家族のかたち」

▼イスラムというとすぐ一夫多妻だという指摘を好む人がいますが…。 そんな視点からの1レポート。


ブログ時評

2005/11/23 仏の暴動と名神7ブラジル人死亡事故
▼日本の状況とひきつけて考えようという試み。

| | Comments (2) | TrackBack (0)