« October 2009 | Main | October 2010 »

December 24, 2009

サンタクロースからの手紙

小学校3年生になる愚息K太がインフルエンザで週末に発熱。
月曜日と火曜日は、外出をすべてキャンセル。
自宅でできる作業に集中することにした。
火曜日には担任の先生から電話をいただいたが、
なんと愚息のクラスの25人がほぼ同じタイミングで発症したという。
どうやら先週水曜日にバスで出かけた社会科見学がマズかったようだ。

さて、久しぶりに子どもと長い時間を過ごしながら、
学校の様子を聞いていたら、やはりこの時期、
サンタクロースはいるのかどうかで、論争になっているという。
どうやらK太は信じてる派らしい。

そういえばプレゼントをそろそろ用意しなければならない。
こないだ書かせた「サンタへの手紙」には、
おいらには、まったく価値のわからない
ゲームソフトのタイトルがならんでいる。

「こんなん無視して、野球のバットでも買ってやるか」と思っていたのだが、
これまで誕生日は親が与えたいもので、
クリスマスは本人の希望通りとしてきた経緯もあって、
「サンタが持ってくるのだから、本人の希望どおりとすべし」という、
うちのやつの持論と食い違いが生じていた。
いつもの夫婦内不一致である。
週末のショッピングセンターでも、口論になって、
プレゼントが買えなかった。

学校での「サンタ論争」の話を聞きながら良い手を思いついた。
プレゼントはおいらが全面的に譲って、くだらないゲームソフトにしよう。
ただし、そのプレゼントにサンタの手紙を付けよう。
今年でサンタからのプレゼントは最後だという手紙を!

「また、パパが変なことを言い始めたよ」
そんな顔はされたが、いちおうこの案に同意が得られ、
さっそくサンタの手紙を書くことにした。

ちょっと楽しい作業だったので紹介しちゃお。

----------------------------------
K太くんへ

メリークリスマス!
君へのプレゼントを贈ります。

この世界の子どもになってくれてありがとう。
君がこの世に生まれてきてくれたから、
私は君に、プレゼントを贈ることができました。

君が心待ちにしてくれること、
そして、君が心から喜んでくれること、
それが私の喜びでした。
ありがとう。

ところで、君は知っていますか?
今年も世界中でたくさんの子どもたちが
生まれたことを。

君は知っていますか?
サンタクロースは、生まれた子どもの数だけ、
もうプレゼントを持って来られない子どもを
選ばなければならないことを。

サンタクロースは、迎えた誕生日の数で
子どもを選んでいるわけではありません。
12歳になっても選ばれないことがあります。
ときには、6歳でも選ばれることがあります。

体の大きさで選ぶわけでもありません。
“だいぶおとなにに近づいた心”
を持った子どもたちを、私は選んでいるのです。

じっさい、ことしのK太くんの心は、
だいぶ大人に近づきました。
その理由をいくつか教えましょう。

少しずつ練習を続ければ、
なわとびも笛もかきぞめも、
やがて、すごく上手になれることを知ったからです。

新しい学校に入ったときのように、
笑顔で話しかけていれば、そのうち、
たくさんの仲間ができることを知ったからです。

マラソン大会のとき
5位にくっついて走ろうとしたように、
勇気を出して挑戦すれば、
たとえ失敗しても、
次になにをすればいいかが分かる。
そのことを知ったからです。

もちろん、K太くんはまだカンペキじゃあありません。
大人になったわけでもありません。
でも、もう私のプレゼントを考えなくても、
毎日を良い子ですごすことができるかもしれない。
それくらいには成長したのです。
“だいぶ大人に近づいた心“の持ち主になりました。

というわけで、
私が虹太くんにプレゼントをわたすのは、
ことしが最後になります。
これからは、君のお母さんやお父さんに、
クリスマスのプレゼントを用意してもらうよう、
頼んでください。

いつまでも良い子でいて、
立派な大人になってください。
そしていつか君にも子どもができたなら、
また君の家にゆけるでしょう。
だから、その日まで、
さようなら。

2009年12月25日
サンタクロースより
-----------------------------------------

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 20, 2009

新型インフルエンザがやってきた

 小学3年生になる愚息が週末からインフルエンザで高熱を出した。
 夕方暗くなるまでさんざ遊んで帰宅したK太が、
「両足が筋肉痛だぁ。バンテリンを塗ってえ~」
 やけに生意気を言うなと思ったら、夕飯をお代わりしない。すると間もなく脱力したようすで、居間にゴロリと横になった。検温してみればやはり38度5分。ついに我が家にも当代の流行り病がやって来たのは明らかだった。
 なんとなく寝ついたK太が起きるのをいったん待つことになり、2Kmほど離れた病便の小児救急外来に車で乗り付けたときには、もう日付が変わろうかという時刻になっていた。

 今年3月、K太がB型インフルエンザにかかったときも発熱は週末の夕刻だった。土日の救急外来まで使うことはないと、変に遠慮したため、リレンザを飲むのが遅れた。
 おかげで10日余りも学校を休むことになり、早く受診しておけばと後悔したものだ。今回は、検査がポジティブだろうがネガティブだろうが構わず投薬するぞと身構え、待つこと凡そ1時間。

 待合室には、皆がマスクをかけて10組ぐらいの親子がいた。
 さいたま市では、政令都市とはいえ土曜日の深夜、夜間診療をしている病院はたった1件である。車で一時間はかかるであろうエリアから、母親から預かったら発熱したという7歳の子どもを連れ、タクシーを飛ばして来たというおばさんと待合室で話した。そのおばさんは、診察室から出てくると、まず公衆電話から2本電話をかけていた。最初は経過報告。おそらく母親の携帯にかけているのであろう。2本目の電話で帰りのタクシーを呼んだ。その姿を見ながら胸が痛んだ。

「典型的なインフルエンザの症状ですが、まだ検査はポジティブにならないでしょう。検査はしないでリレンザを出します」
そんな医師の言葉に安堵して帰宅した。病名はとうにわかっていた。今夜は投薬できればそれでいい。

 意図通りの成果に満足しながら、今日の午前中に予定しているちょっとした講演用のスライドを仕上げていたらもう4時。慌てて就寝することにした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | October 2010 »