« 定住外国人問題関連イベント(06年11月後半以降) | Main | 定住外国人問題関連イベント(07年1月後半以降) »

November 25, 2006

飛べない千秋様~のだめカンタービレ


現在テレビ放送中のドラマの中で、いちばんのお気に入りは「のだめカンタービレ」(番組公式)。当ブログをご覧頂いている方には、トレンディードラマなんて見てるわけないじゃんという方も多そうなので、ウィキペディア(Wikipedia)からちょっと紹介文を引用する。

ピアノ科に在籍しながらも指揮者を目指すエリート音楽大学生・千秋真一は、将来に行き詰まりを感じて思い悩む日々を送っていた。担任の教授との口論の末決別、別れた彼女にもつれなくされて自暴自棄になっていた。

ある日、ゴミ溜めと悪臭の中で美しいピアノソナタを奏でる、変人女と出会ってしまう。彼女の名前は野田恵(通称・のだめ)。なんと千秋と同じマンションの隣の部屋に住み、同じ音大のピアノ科に在籍していたのだった。第一印象は最悪極まりなかったものの、千秋はのだめの中に秘められた天賦の才を敏感に感じ取る。以来、のだめの才能を引き出すべく、なんだかんだと彼女に関わるようになる。

見た目は無愛想だが、本人も意識せず面倒見が良い性格からか、のだめをはじめとする音大の変人たちになつかれ、順調に道を踏み外しながらも、千秋は新しい世界、そして指揮者への道を一歩一歩切り拓いていく。
(Wikipedia「のだめカンタービレ」より)

 ようするに、音大を舞台に、エリート千秋様とピンからキリまでの仲間達の悲喜こもごもを描いている。

 気になるのは他でもない、千秋様のキャラにひとつだけある無理ヤリな設定のことだ。
 幼少のころからドイツのマエストロに直接指導されていたという千秋様だが、帰国の便で胴体着陸を経験し、恐怖症となって飛行機も船にも乗れない。だから、どんなに実力が認められようと海外留学ができない。だから国内でもがくしかない。…という設定で、これがなければ物語は成立不可能だ。
 睡眠薬でも飲んで寝続けながら飛ぶとか、なんとか身体を運んじまえばいいだろうにと思うけど、それじゃあ物語は終わってしまうなぁ。

 もしかしたらクラシック音楽に限らず、あらゆる分野の千秋様は、国内の大学からいなくなってしまっているのじゃないか。要らぬ心配かもしれないが、そんなことを考えた。

|

« 定住外国人問題関連イベント(06年11月後半以降) | Main | 定住外国人問題関連イベント(07年1月後半以降) »

Comments

広島の手話通訳者のグループです。
広島に住む外国人への支援をおこなっている方々とともに学びあうきっかけにできたらと
「医療通訳って何? コミュニティ通訳実践講座」を1月13日14日に開きます。
  と き 2007年1月13日14日
  ところ 広島市安芸区総合福祉センター

  詳しくは当方のHPをご覧ください。

NPO手話センターひろしま

Posted by: NPO手話センターひろしま | December 30, 2006 at 11:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/12814714

Listed below are links to weblogs that reference 飛べない千秋様~のだめカンタービレ:

« 定住外国人問題関連イベント(06年11月後半以降) | Main | 定住外国人問題関連イベント(07年1月後半以降) »