« 在留管理制度の改正論議を診る-02 | Main | 定住外国人問題関連イベント(06年11月後半以降) »

September 20, 2006

定住外国人問題関連イベント(06年9月後半以降)

◎人身取引の防止をめざして
~国際機関の経験に基づく実践モデルと新たな視点の探求~

IOM(国際移住機関)らが開催する公開セミナー。IOM、UNODC、ILO、UNICEFなど国際機関の専門家、日本国内の専門家、政府関係者が参加・発言。日本の国内、国外で、ジェンダー、開発、国際理解教育など人身取引の防止に関連する活動を行っている団体や個人に対して、国際機関の経験に基づく実践モデルを提供することを目指すという。

【と き】2006年9月28日(木)9:30~17:00
【ところ】上智大学 国際会議場(2号館17階)
【ひよう】無料
【申込み】9月25日まで
【詳 細】IOM


◎韓国の外国人労働者政策をめぐる最新動向

共住懇主催のオープンセミナー「おおくぼ学校」。韓国では、外国人研修生に酷似した「産業研修生制度」を10年間続けてきたが、非熟練外国人労働者を受け入れる「雇用許可制」がスタートしている。これを機に、さまざまな政策が施行されている。リソースパーソンは、現在中大講師の宣 元錫(そん うぉんそく)氏。

【と き】 2006年9月30日(土)18時~20時
【ところ】大久保地域センター 3F A会議室
     (新宿区大久保2-12-7)
【ひよう】1,000 円(資料代含む)要予約
    (ただし当日参加も可)
【問合せ】共住懇 


◎カンボジアにおける子どもを取り巻く状況

ヒューマンライツナウのカンボジアPTが開く勉強会。
関東学院の足立昌勝氏と元JICA専門家の山田洋一弁護士が、カンボジアの子どもや女性をとりまく状況と、策定中の少年法や人身取引及び性的搾取禁止法案について報告する。

【と き】9月27日(水) 18時30分~
【ところ】 青山学院大学(予定)
【問合せ】


◎共謀罪の新設に反対する市民と表現者の院内集会

通常国会で激しい議論・攻防がくりひろげられ委員会採決できないまま、臨時国会での継続審議になっている共謀罪の新設法案。成立か廃案か、今秋の臨時国会が正念場になることは疑いない。この法案に反対するための院内集会では、国連越境組織犯罪条約と共謀罪の創設について、山下弁護士から日弁連の研究結果についての報告を受ける。共謀罪の創設が必要という条約は、じつは必ずしも共謀罪の創設を求めているわけではなかったのである。

【と き】2006年9月26日(火) 12時半~14時
【ところ】参議院議員会館第3・第4会議室
【問合せ】アムネスティ・インターナショナル日本
Tel(03)3518-6777 Fax(03)3518-6778
反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)


◎多民族共生教育フォーラム2006愛知

昨年の神戸で開催されたフォーラムを受け継ぎ、外国人の子どもの教育を受ける権利を保障させ、外国人学校・民族学校への制度的保障と支援をすすめるために、外国人学校・民族学校の交流や相互理解をすすめ、支援の輪を広げる目的で開催される。午前中の基調報告や地域活動報告のほか、午後は東海地区の学校紹介とパネルディスカッションが予定されている。パネラーは田中宏(龍谷大教授)、文光喜(愛知朝鮮学園)、パウロ・ガルヴォン(エスコーラサンパウロ校)、潘民生さん(横浜山手中華学校)の各氏。司会は丹羽雅雄弁護士。協賛団体や運営ボランティアも募集している。

【と き】2006年11月12日(日)10時~
【ところ】名古屋国際センター 別棟ホール
(名古屋駅徒歩7分、地下鉄国際センター駅上)
【ひよう】1,500円(資料代含む)
【詳 細】
【問合せ】


◎実践・日本語学習支援講座

日本語教育の第一線の現場で活躍する先生方から日本語学習の現状や学習支援の知識について学ぶ連続講座。じつは講師はすべて手弁当で、講座参加費は毎年4~6名のアジアからの留学生・就学生に月額5万円の奨学金を支給する六甲奨学基金の基金に組み入れられる。講師は、中畠孝幸(甲南大)、奥田純子(コミュニカ学院)、瀬口郁子(神大留学生センター)の各氏。

【と き】2006年10月10日(火)~12月5日(火)
     全9回 18時半~
【ところ】神戸学生青年センター(阪急六甲下車、北東徒歩2分)
【ひよう】20,000円(テキストコピー代1000円別途)
【定 員】40名(要申込)
【問合せ】(財)神戸学生青年センター担当 都築
     TEL 078-851-2760 FAX 821-5878 

|

« 在留管理制度の改正論議を診る-02 | Main | 定住外国人問題関連イベント(06年11月後半以降) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/11971455

Listed below are links to weblogs that reference 定住外国人問題関連イベント(06年9月後半以降):

» 「お年寄り、子ども、障害者、お客さま」は宝物(タンザニアでは)(『世界の母さんニッポンに生きる!』(2)より) [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.9.21.00:10ころ ようやく、『世界の母さんニッポンに生きる!』 [Read More]

Tracked on September 21, 2006 at 12:16 AM

» 「三国人発言」を繰り返した石原東京都知事に公開質問状を送付(「外国人人権法連絡会」) [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.9.28.01:50ころ 「外国人人権法連絡会」が、「三国人発言」を繰 [Read More]

Tracked on September 28, 2006 at 01:44 AM

» 「犯罪人引き渡し条約」ブラジル政府からの締結交渉申し込みを、日本の外務省は2003年から拒否していた [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.9.29.23:00ころ 今年の春以降、マスメディアでにわかに脚光を浴 [Read More]

Tracked on September 29, 2006 at 11:07 PM

» 日本版ワーキングプアー 働いても貧しい人たち(『週刊東洋経済』)と移民関連記事 [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.10.3.19:00ころ 「日本版ワーキングプアー 働いても貧しい人た [Read More]

Tracked on October 03, 2006 at 07:00 PM

» 【分断される国際平和文化都市・広島】外国人を狙い撃ち:バーへの相次ぐ強制捜査 [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.10.4.19:00ころ 今年の5月、「El Barco」「Barco [Read More]

Tracked on October 04, 2006 at 11:26 PM

» 石原発言に関する政府への公開質問状(「外国人人権法連絡会」) [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.10.14.21:25ころ 外国人人権法連絡会が、「石原発言に関する政 [Read More]

Tracked on October 14, 2006 at 09:58 PM

» 石原発言に関する政府への公開質問状(「外国人人権法連絡会」) [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.10.14.21:25ころ 外国人人権法連絡会が、「石原発言に関する政 [Read More]

Tracked on October 14, 2006 at 10:06 PM

» 「またテロですよ!」(非国民通信)を読んで(入管法改定案に関する国会会議録より) [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.10.15.21:00ころ 危険なのはどこの人か(非国民通信、2006 [Read More]

Tracked on October 15, 2006 at 09:01 PM

« 在留管理制度の改正論議を診る-02 | Main | 定住外国人問題関連イベント(06年11月後半以降) »