« 【連載/夏休み企画1】改定入管法の問題点/すべての外国人から指紋を!? (5) | Main | 在留管理制度の改正論議を診る-02 »

September 13, 2006

在留管理制度の改正論議を診る-01

改正議論のポイント

 政府の諮問会議や自民党、そして法務省と連携をとりつつも微妙にニュアンスを変えながら、在留管理制度の「改革」論議が、スピードアップで進められていることにお気づきだろうか。現在までに自民党や政府各省周辺で検討されている項目を大まかにまとめるておくと、表1のようになる。

    表1:在留管理制度として提案されているポイント

1.     在留状況の補足を強化する

    ア)     雇用状況の把握のため企業に報告義務付け

    イ)     公的健保・年金制度への加入状況を把握

    ウ)     転出届や世帯状況の把握

    エ)     日本語能力・生活能力(子弟の就学状況等)を

        在留資格審査時にチェックする。

    *ア~エの対象は特別永住者を除く外国人。

         (一般永住者、配偶者、定住者を含む)

2.     補足された在留状況情報を一元管理

    オ)新たなインテリジェントシステムで、外国人登録システムと

        入国・在留資格審査システムを一元化。

       カ)IC在留カードの発行(自治体・雇用する企業で活用?)

3.     入国管理局以外の行政機関との情報共有を図る

   キ)関係省庁・自治体が共用する在留データベースの構築

|

« 【連載/夏休み企画1】改定入管法の問題点/すべての外国人から指紋を!? (5) | Main | 在留管理制度の改正論議を診る-02 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/11880407

Listed below are links to weblogs that reference 在留管理制度の改正論議を診る-01:

» 在留許可求め、東京入管前でデモ/「治安悪化説に異論」(東京新聞インタビュー) [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.9.24.22:30ころ 1) 在留許可求め、東京入管前でデモ(TBS [Read More]

Tracked on September 25, 2006 at 10:34 PM

« 【連載/夏休み企画1】改定入管法の問題点/すべての外国人から指紋を!? (5) | Main | 在留管理制度の改正論議を診る-02 »