« 【連載予告/夏休み企画1】改定入管法の問題点--予告 | Main | 【連載/夏休み企画1】改定入管法の問題点/すべての外国人から指紋を!? (2) »

July 21, 2006

【連載/夏休み企画1】改定入管法の問題点/すべての外国人から指紋を!? (1)

入国審査支援システム「Jヴィジット」と「テロ関係者」の予防措置

 二〇〇六年五月、小泉政権最後の通常国会もまだ中盤というところで、出入国管理法の改定案は国会で可決成立した。この改定の骨子は、「テロとの関与が疑われる外国人を予防措置的に拘束し退去強制できる」とするとともに、「生体認証技術を活用した入国審査支援システムを二〇〇七年度中にも導入する」ことで、テロ対策として政府と与党は導入を急いでいた。
 新たな審査支援システムを、ここでは米国のUSヴィジットに倣い「Jヴィジット」と呼ばせていただく。これは、日本に入国するほぼすべての外国人に、指紋と顔写真の採取に応じることを義務付けるものだ。
 この改定でまず疑問に思うのは、二〇〇〇年に廃止されたばかりの指紋押捺制度が復活したことである。とくに、わたしもその一人だが、押捺廃止運動に少しでもかかわった者なら、そう感ぜずにはいられない。なぜ歴史的な経緯が、これほど軽々と無視されてしまうのか。予防措置は、同じ国会で成立が見送られた「共謀罪」を、より粗暴な形で先取りするものであるし、「Jヴィジット」は、政府内あるいは政府間で連結が進む個人情報に関するシステムは、いかなるものであるべきかという問題そのものであるといえる。改定全体を吟味してみると、在留資格の基準や、退去強制の理由を微調整してきたここ数年の改正とは、明らかに性質が異なる。

 今回、私自身は、いわゆる外国人支援グループのネットワーク団体の一員として、人権派諸団体間の勉強会に参加し、改定に反対する立場から議員に対する働きかけを行なっていた。この間に積み重ねてきた議論を踏まえ、本稿では、まず今回の改定の問題点をご紹介することに務めながら、さらに、単なる入国管理や外国人政策に固有ではない重要問題にも、できるかぎり私本来の守備範囲を「越境」して、踏み込んでみたいと思う。

水際での照合で入国拒否

 まず、新しく導入される入国審査システムから検討してみたい。前述のとおり、二〇〇七年度中に導入されることになる新しい入国審査支援システムは、空港や港の入国審査ブースに、デジタルカメラと指紋スキャナーを設置しておいて、入国希望者から生体情報を採取するものである。
 最近渡米したことのある方はご存知であろうが、米国で9.11テロ後に導入された入国審査システム「USヴィジット」とほぼ同様のシステムで、日本もこれに追随することになる。いわば「Jヴィジット」というわけだ。米国を訪れたことのある方なら、いちいち撮影され指紋を採取されることを、不快に感じたことがある方が多いだろう。
 USヴィジットや「Jヴィジット」で、採取された生体情報は、まず入国審査の時点で、ブラックリストにある指紋データとの「照合」に利用される。もしヒットすれば、審査官は入国を拒否することになる。入国させることなくすぐに帰路に就かせることもできるし、もし、もっと当局が捜査をしたいと思えば、お帰り願うまえに、収容し身柄を拘束した上で捜査をする(ことができる)。

指紋押捺廃止後六年で復活

 指紋の採取は、戦後の在日コリアン対策として導入された外国人登録から、一九八〇年代からの押捺拒否の運動を経て、二〇〇〇年に完全廃止されたばかりである。
 指紋押捺廃止運動が高揚を見せたのは八〇年代。「歴史」というほど遠い昔の話しではないだろう。当時学生だった私も、知人だった中学生の母親が押捺を拒否。告発をさせまいと地元の役場に駆けつけた経験がある。運動のモチベーションを大いに支えたのは、理屈以前に、外国人登録法により一六歳ではじめて指紋押捺を迫られる若者とその親が抗議する姿であり、彼らを支えなければならないとする、義務感に近い感覚であった。拒否運動の最前線では、運動側ばかりか役場の職員にさえも、国籍や立場を超えてこの感覚が広く醸成されていたように思う。
 円高でブームになり始めたばかりの海外修学旅行や留学を断念させ、当局の嫌がらせとしか言いようのない逮捕者も出しながらの運動であったが、一九九三年には在日コリアンをはじめとする永住者の指紋押捺が廃止。次いで二〇〇〇年には、外登法から指紋押捺制度が全廃されたばかりだ。指紋押捺制度の全廃は、この国における外国人制度の歴史の上で、数少ない運動の成果であり、共生という理念の旗印であるように思う。

|

« 【連載予告/夏休み企画1】改定入管法の問題点--予告 | Main | 【連載/夏休み企画1】改定入管法の問題点/すべての外国人から指紋を!? (2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/11042604

Listed below are links to weblogs that reference 【連載/夏休み企画1】改定入管法の問題点/すべての外国人から指紋を!? (1) :

« 【連載予告/夏休み企画1】改定入管法の問題点--予告 | Main | 【連載/夏休み企画1】改定入管法の問題点/すべての外国人から指紋を!? (2) »