« 衆院法務委員会ダイジェスト-2松島質問 | Main | 衆院法務委員会ダイジェスト-4漆原質問 »

March 18, 2006

衆院法務委員会ダイジェスト-3今村質問

 新人議員である今村氏の質問は、本人がはじめての法務委員会での質問というように、入管制度への理解が不十分なところが、各所にうかがわれる。まあ、特殊な分野でもあるので致し方ない側面もあるが、金正男とみられる人物が入国しようとして入国拒否された事件に関する質問あたりは、(とくにわざわざ解説する必要も感じられないが)、入国管理局も回答に苦慮しながらはぐらかしている様子が読み取れる。
 事前の打合せで、法務省側がある程度都合のいい情報を与えて、それを質問したところも少なくないのだろう。やり取り全体にお手盛り感が漂う。いわば「ハレ舞台」として新人に与えられた機会だと見られてもいたしかたない。どんな組織でも新人の育成は欠かせないから、こういうこともあるのだろう。総選挙で圧勝を納めた自民の余裕を感じる。ウオッチする側としては、議員のキャラを勘定する必要がほとんどないぶん、政府や法務省が何をアピールしたいのかがダイレクトに伺える。
 
 予算案で16人の増員が出ていたことが知られているが、その名目と内訳が最後の部分で出てくる。国審査要員の応援として新千歳に9人、羽田に7人のとのことだ。「応援」としているのはなぜだろう。入国審査官ではないからからなのかとも思うが…。


-----------------------------------------
矢野隆司(自由民主党):新東京国際空港、関西新空港、中部国際空港、なかでも成田空港がいちばん旅客数が多い。外国人の入国ブースは午後3時~5時に混雑しているが、彼らは何時間ぐらい並んでいるのか。

三浦入管局長:成田の例では、昨年3/8の週で最高尾にならぶと59分ならんでいる。大変長くもうしわけない。ブースで慎重に審査すべき人がいる場合には別室で審査するセカンダリ審査を導入した。また、従来は、日本人を優先し日本人ブースを多くしていたが、この割合を変えて配慮しているところ。旅客数に応じて、職員の配置も臨機応変に代えるようになった。本年3/6日の週には29分にまで改善している。他の空港でも20分程度の待ち時間になっている。今後ともこのあたりを維持していきたい。

河野:羽田、成田、名古屋で、最長20分を切れるように頑張っていきたいので、ご理解をお願いします。

矢野:旅券に絡む不正はどれくらいあるのか。

三浦局長:上陸審査時になりすましで警察に告発を行なった44あった。平成17年で。うち36件が偽造旅券にカラムものだった。

矢野:半減計画の進行状況はいかがか。

河野:平成16年から摘発方面隊を作っている。代表的なのは歌舞伎町。成田に送還センターを300人収容できるように作った。警察が摘発しても収容できないのでは困る。警察から直接収容するルートを設けた。指紋が大いに役立つと期待している。

矢野:通報者に5万円以下の褒賞金を支払うことができるとなっています。ぜひ予算措置を含めた制度の充実を。イスラエルでは手のひらの紋を使っているようだが、今後は指紋に加えて他の方法も追加的に取り入れる考えはあるのか。

三浦:現時点では指紋と顔写真。これはすでに持っている情報が指紋と顔写真であるから。最近は虹彩や静脈などの方法が有効に使えるということであれば、検討したい。

矢野:テロリストの定義は?

三浦:国際的に見て確立した定義があるわけではないと承知している。以下(法案文読み上げ)、テロ行為を行なう恐れのある者を、公衆等脅迫目的の犯罪行為、その予備行為、その行為を容易にするための行為…と法務大臣が認定するものとしている。

矢野:どれくらいのテロ組織があるのか。

三浦:現時点で一般的にテロリストを指定する制度をもっていません。外為法で国連安保理決議に基づいてタリバンの関連資産凍結措置を組織が480団体と個人がある。このほか、27個人を国連の安保理決議のほかに我が国がしてしている。

矢野:なぜ16歳未満はとらないとしたのか。

三浦:大半が親と一緒に来る。あるいは修学旅行の生徒もかなりいる。こういうことを考えまして、一律に採取する対象からは除外した。

矢野:乗員の指紋採取を実施すると朝日新聞が報じたが。

三浦:旅客については義務的に採取を求めるが、乗員に対しては、審査官が必要とする場合には採取できるとされている。これは、乗客要件を満たせば機械的に上陸を許す。ところが乗員は、審査官の裁量で拒否できるという形になっている関係で、こういう規定ぶりになった。もちろんすべての乗員に提供を求めることができるしそうするつもりだ。
また小さな港で突然止むをえず短時間入国するケースがある。この点、施行直後の段階では漏れてしまうということをお許し願いたい。もちろん主要港でなくても問題の船舶などはキッチリ採取していくといことです。

矢野:自動化ゲートについて他国の例は?

三浦局長:自動化ゲートの事例としては、アジアではシンガポール、タイ、マレーシア、香港、アラブ首長国連邦。このうち、アラブ首長国連邦では外国人に対して、シンガポールでは自国民と外国人に対して、そのほかでは自国民に対して実施している。欧州ではイギリス、ドイツ、オランダで導入され、EU住民を対象に運用されている。

矢野:金正男とみられる人物が入国しようとした件では、上陸の拒否をしたが。この顛末について。5年間の拒否でまちがいないか。

三浦:質問の趣旨は偽造旅券を行使し不法入国した人物を送還した場合にと理解しましたが、5年間で間違いない。

矢野:今回の改正で、もう指紋があるわけですから、拒否できるんですね。
今回同一の人物が来た場合にどういう対応になるのか。

三浦:退去強制されたときに、再び来るとしたらどうなるかというご質問だと思いますが。
退去強制されれば、…

矢野:入国時に記入が必要なEDカードが日英二ヶ国語しかない。中国語などアジアの言語がないのはどうしたことか。中国語やハングルも用意すべきでは。

三浦:ご指摘真にごもっとも。すでに作製しておりまして、早い時期に配りたい。

矢野:入国カードには4つ質問事項がありますが少ないのでは? 2030年に4千万人の観光客を招く壮大な計画がある。3種の地方空港まで入れれば81の空港が国内にあるが、今後地方空港での入管施設の整備についてお考えは?
三浦:進めていきたい。台湾のチュウセイ国際空港において入国審査官を派遣。事前確認(プレクリアランス)をしている。18年度においてはさらに人員の増加を予算案でお願いしている。。応援要員として16人お願いしている。新千歳に9人、羽田7人である。

|

« 衆院法務委員会ダイジェスト-2松島質問 | Main | 衆院法務委員会ダイジェスト-4漆原質問 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/9141574

Listed below are links to weblogs that reference 衆院法務委員会ダイジェスト-3今村質問:

« 衆院法務委員会ダイジェスト-2松島質問 | Main | 衆院法務委員会ダイジェスト-4漆原質問 »