« 定住外国人問題関連イベント(11月後半以降) | Main | フランスの「暴動」関連ブログ(その2) »

November 08, 2005

フランスの「暴動」関連ブログ

国内というか日本語圏でもフランスの情勢がホットな話題になってきた。
先日書いた書評が絶妙のタイミングになってしまって、そのからみのアクセスが増えている。
そこでトラックバック(=TB)を貼ってみたいものだと散策して廻った中から、関連のブログをご紹介。


単にニュース記事を引用しているだけでなく、少しづつ筆者の見解が書き込まれるように
なった。たぶんここらヘンのブログからTB網が発展することになりそうだ。

パリ暴動は計画的移民政策の重要性を示した
ブンゴーの日記 人生はすばらしい in Greece !
Meine Sache ~マイネ・ザッヘ~

英語圏のコメントを集めているこのブログもちょっと面白い

今日の覚書、集めてみました

フランス在住者の日本語ブログでもこの話題がフォローされるようになるだろう。
まず目立ったのは、

及川健二のパリ修行日記

上記及川氏も言及している映画「憎しみ」については、解説ページがあった。

「フランスにおける移民をめぐる問題--映画「憎しみ」とその背景

まずはこんなところで…。

参考になる本は

『移民と現代フランス―フランスは「住めば都」か』(ミュリエル ジョリヴェ、集英社新書)
『パパはビリー・ズ・キックを捕まえられない』ジャン・ヴォートラン著 高野優訳(草思社)
『外国人労働者のフランス――排除と参加――』フランソワーズ・ギャスパール/クロード・セルヴァン=シュレーベル著・林信弘監訳(法律文化社)
『歓迎されない人々 フランスのアラブ人』タハール・ベン・ジェルーン著 高橋治男/相磯佳正訳(晶文社)

だそうで。読んでもない本を紹介するのもどうかと思うが、今回の「暴動」をきっかけに関心を持った・強めた方に参考まで。

|

« 定住外国人問題関連イベント(11月後半以降) | Main | フランスの「暴動」関連ブログ(その2) »

Comments

ギリシャのドショミンmadokaです。
フランスの暴動は困りました。
基本的に、私、回教ダメです。男が威張ってるのはダメです。
フランス人意地悪(皮肉屋)だけど、誰にでも平等に意地悪なので民主主義かもしれない!
あのフランス映画?「女はみんな生きている」を見ると、なんとなくフランスがわかります。

Posted by: madoka | November 08, 2005 at 06:14 PM

映画紹介をありがとうございます。
公式ページは
http://onna-minna.jp/
ですね。
 なにせ、最近見たフランス映画は「TAXI」ぐらいというテイタラクなもんですから…。でも「赤ちゃんに乾杯」ぐらいなら観ていますが、同じコリーヌ・セロー監督なんですね。
 そういえば、TAXIの何番目のやつだか忘れたけど、とあるシーンで、「ここの警察は、外国人をぶち込んでゴマかしているようなダメ警察だ」みたいなセリフが出てくるところがありましたねぇ。

Posted by: じろー | November 08, 2005 at 07:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/6963278

Listed below are links to weblogs that reference フランスの「暴動」関連ブログ:

» フランスの暴動は根が深い [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
仏首相、夜間外出禁止令権限を知事に付与へ=部隊も増強 フランスでは暴動が国内各地からドイツやベルギーまで飛び火し、収まりがつかない状況に発展している。 フランスは「自由・平等・博愛」と言いつつ、明らかに移民を差別してきたというダブルスタンダードが存在して....... [Read More]

Tracked on November 08, 2005 at 08:27 PM

» 移民制度は「国家百年の計」として設計すべき [庄治の思ったこと]
ヨーロッパの移民問題を参考にしつつ移民制度について考えてみます。と、言っても移民問題に詳しいわけでもないので、詳しい人が読んだら噴飯ものでしょうが、ど素人の中にはこんなこと考える奴がいるぐらいに思って下さい。ただ、移民制度は素人が納得できないようでは継続不可能だと思います。 パリ暴動で思うのは「不景気で排外的になり、同化政策予算を削ったり、不法移民の取り締まりを強化したことが暴動の背景にある」と、言う... [Read More]

Tracked on November 08, 2005 at 11:11 PM

» 欧州アラブ人内戦の幕開けか? [ブンゴーの日記 人生はすばらしい in Greece !]
暴徒=ギャング団=ゴロツキ いやぁ、なんですか、あれ? 今日でもう12日目に突入ですよ。 あのギャング団はしつこいです。 この地図は暴徒が暴れている地域。 パリの郊外と□のところは地方都市のイスラム人のゲットーのあるところです。 12日間も暴動が続いて、ま..... [Read More]

Tracked on November 09, 2005 at 09:37 AM

» フランスde暴動(拝啓 偉大なる将軍様) [乳頭おじさんのニュース解説]
 Bonjour, 将軍様。フランスで暴動が起こり、非常事態宣言も出されましたね。  暴動を起こしたのは移民の2世、3世の若者たちで、彼らは移民の子孫であるために(肌が黒い、浅黒いために)冷遇され差別されていることに不満で、その不満が爆発したとのこと。  我が国で...... [Read More]

Tracked on November 12, 2005 at 11:40 AM

« 定住外国人問題関連イベント(11月後半以降) | Main | フランスの「暴動」関連ブログ(その2) »