« August 2005 | Main | October 2005 »

September 19, 2005

秋の進学ガイダンス・ガイド

 残暑の厳しかった関東地方も、ようやく秋の風がそよぎはじめた。
 毎年、この時期になると各地で外国人中学生や保護者を対象にした進学ガイダンスが開かれるようになっている。帰国子女向けのガイダンスは一昔前からあるが、定住する外国人向けのものが急に増え始めたのはここ3~4年のことのような気がする。
 じっさいにガイダンスを開いている人たちの間では、「やってみると秋じゃあ間に合わないよね」というような実感があるらしく、しだいに夏休み前に開催するケースもじつは増えた。でも、先生や学校関係者ならともかく、あっしみたいな門外漢が「進学」を意識するのはどうしても夏休み以後のこの時期となるんじゃないだろうか。
 そこで、今回は全国の外国人むけ進学ガイダンスの案内ページのご案内をしておきたい。

 2005年度の進学ガイダンス情報

 地区にもよるが、全国的には中高生の数そのものが減ってきており、高校の定員も余る傾向が続いて既に久しい。定時制やいわゆる底辺校の先生達から、「日本語が問題なだけで学習能力の高い生徒が入ってくると、自然と力が入っちゃいますよね」というようなコメントを聞く機会も増えている。ガイダンスに来る親子のニーズもまた様々であるらしい、母国でも教育熱が過熱しているような場合には「少しでも良い進学校に入学したい(させたい)」というものから、「日本の高校に入るには試験を受けなくちゃならないなんて知らなかった」みたいなのまで、ひとことでいってしまえば「幅広い」わけだ。
 関係者の多くがもっとも心配しているのは、やはり日本でこれから生きていくのに必要な教育を受けずに、放り出されるかっこうになる子ども達がどれだけ減らせるかということ。授業を受けてもちんぷんかんぷんだから、いっそのこと働いてしまえばいいと、中学生の子どもを職業安定所に連れて相談にやってくる保護者が、本当いたりするぐらいだ。どんなビザだろうと日本国籍でもその年齢では働けません…。
 「14歳のハローワーク」だね。ベストセラーのタイトルをもじって、ちゃかしてみたりもするが、これはあっしの悪いクセ。
 あっしの予測というか現場を知っている人ならだれでも感じていることだけど、この子ども達が親の出身国である「母国に帰る」可能性はほとんどない。あっしが、人前で話すときは「おそらく5%未満でしょう」なんてなんの根拠もない数字を挙げてみせている。ようするにあなたの目の前にいるその子どもは、日本で大人になり日本で暮していくでしょうということだ。

 さらに加えて、「帰る」可能性が高いのは劣等生ではない。たぶん優等生の方じゃないかと思のだがどうだろう。落ちこぼれや劣等性が、自分の暮している以外のところで生活するようになる確率は、歴史的に見れば、いつだって低いにちがいないのだから。
 だから、いまだに「帰ってしまえばいい」なんて言ってるアホウドリよ、はやく絶滅しておくれ。

(「アホウドリ」「絶滅」で検索してこのページを見てくださった方と、鳥類のアホウドリ様に対し、不適切な表現が使われていることをお詫びします。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2005

定住外国人関連イベント紹介 9~10月

■多民族共生教育フォーラム2005

全国の外国人学校・民族学校や関係者らが集まり、子どもの教育権の保障とそのありかたを問うフォーラム。震災を期に県内の外国人・民族学校が集まって協議会が結成されている兵庫県での開催。各学校からの報告のほか、パネルディスカッションあり。パネラーには、田中宏(龍谷大)、林同春(兵庫県外国人学校協議会)、パウロ・カルヴォン(ブラジル人学校協議会)、金東鶴(同胞法律・生活センター)26日には神戸周辺の学校見学が企画されている。

【と き】2005年9月25日(日)~26日(月)
【ところ】兵庫県私学会館(集会)、神戸学生青年センター(交流会)
【ひよう】一般1500、学生500、高校生以下無料(交流会・外国人学校訪問は別途)


■JNATIP2周年記念シンポジウム
人身売買はなぜ起こるのか
-日本に暮らす私たちの課題-

人身売買関連の法改正の原動力となったJNATIP http://www.jnatip.org/だが、その発足後2周年記念イベント。被害者保護などに携わる代表的な専門家といえる武藤かおり、吉田容子、玉井桂子の3氏がパネラーとなり、今後の課題も含めて議論する。

【と き】2005年10月15日(土)18時より
【ところ】東京ウィメンズプラザ(渋谷駅、表参道B2出口)
【ひよう】一般800、学生500

■第16回神奈川人権研究交流集会

「地域からの共生をめざして」をテーマに開かれる、(社)神奈川人権センター主催の交流集会。田中宏(龍谷大)の「共生とは何か~国籍条項から考える~」の記念講演のほか、各分科会がひらかれる。(9/16までに要申込)

【と き】2005年9月29日(木) 9時半-16時半
【ところ】大和市生涯学習センター(大和市深見西1)
【ひよう】1000円(資料代)


在日コリアン100年史記念シンポジウム対談金時鐘vs姜尚中

「乙巳保護条約」(韓日保護条約)100周年と「祖国解放」60周年の今年、在日コリアンも過渡期を迎えていると両氏にくわえ、水野直樹、金敬得、辛淑玉、金光敏、姜誠を、パネリストに迎え議論する。

【と き】2005年9月24日 13:00~19:00
【ところ】森之宮ピロティ小ホール
(大阪市中央区森ノ宮中央1)
【問合せ】NPO法人コリア人権生活協会

■グローバルフェスタJAPAN2005

国際協力の日(10/6)をちなんで、開かれる国際協力フェスティバル。外務省、JICAやJANIC(国際協力NGOセンター)らが共催。牧瀬里穂らタレントの出演で盛り上げながら、約200団体の国際協力活動を紹介する。屋台もあり。

【と き】2005年10月1日(土)・2日(日)
【ところ】日比谷公園
【ひよう】入場無料
【問合せ】03-3546-1185(ジェイコム内、実委)

■とりあげないで私の学校
ビデオと歌舞の集い

60名以上の児童が通う学校の用地を明渡せと都から提訴され、すでに1年半が経過している枝川朝鮮学校。チャリティーイベントの収益金で購入した民族衣装のお披露目と裁判の記録ビデオの上映会が行なわれる。

【と き】2005年9月17日(土)14時-16時
【ところ】東京朝鮮第二初級学校(江東区枝川)
【ひよう】無料(カンパ歓迎)
【問合せ】FAX 03-3636-1033 スペース江東

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 2005 | Main | October 2005 »