« 進むeパスポート計画-3 出入国管理業務の業務・システム見直し方針案への意見を作ってみた | Main | 定住外国人関連イベント紹介-8月 »

June 24, 2005

あぁバーグマン。君は遠くになりにけり:領事業務システムでパブコメ

 外務省が領事業務について、パブリックコメントを出してる。(~6/28)
 パスポート関連のシステムの改善方針についてのものだけど、これに先行するかたちで、出入国記録や在留資格審査、外国人登録のパブコメを法務省もだしている。

こういうシステム化は「きちっとやる」という方向性を必然的に持ってしまうため、おおらかな既存制度の隙間的な利用で、事実上の一般的となっていたやり方が通用しなくなる可能性がかなりあるよね。事実上、現在は容認されている重国籍も、情報としてチェックが厳しくなれば苦しくなる日が来るのかもしれない。

先日も、パスポートチェックが厳密になると、偽造旅券でもなんでもとにかく入国することが前提となる難民申請を妨げることにならないか!…という関係団体の主張を聞きながら、

かの映画「カサブランカ」のラストシーンに象徴されるような、難民のイメージも今は昔になってしまうかもしれないなぁ。

 映画「カサブランカ」(1942、米)
 
そんなふうなこと、かんがえました。
ああ、ハンフリー・ボガード、イングリッド・バーグマン。
君たちのひとみは美しく、あっしよりも鼻が高い。

「そんな昔のことは忘れたよ」 「先のことなんてわからない」

そういうシステムの方がいいんだということをどうやって主張し、イメージ戦略を立てるか。
そんなことに思いをめぐらすようになっていますが…。長くかかりそうだな。


おことわり
  今回下敷きにした、カサブランカはあっしの父が青春時代に見たという代物ですので、若い方には
  かなり分かり難いメールになっちまいました。もし暇だったら、次のページを見ると、なんとなくわ
  かるかも…、しれない。

 「カサブランカ」(懐かしの映画館:近松屋内)

   それにしても1942年か。ずいぶんタイムリーなタイミングに制作された映画だったのね。

P.S。若者向けの切り口をもっと考えなきゃな。


領事業務の業務・システム見直し方針(案)に関するパブリックコメントの実施について(平成17年6月17日)

|

« 進むeパスポート計画-3 出入国管理業務の業務・システム見直し方針案への意見を作ってみた | Main | 定住外国人関連イベント紹介-8月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/4685652

Listed below are links to weblogs that reference あぁバーグマン。君は遠くになりにけり:領事業務システムでパブコメ:

« 進むeパスポート計画-3 出入国管理業務の業務・システム見直し方針案への意見を作ってみた | Main | 定住外国人関連イベント紹介-8月 »