« 日比FTA/やはり介護労働者が本命 | Main | 入管法改正案、明日から参院法務委員会で審議スタート »

March 18, 2005

進むeパスポート計画 -1

 eパスポートや指紋を初めとする生体情報を使った出入国管理システムの導入計画について取り上げている記事を、3月13日、日曜日の朝日新聞朝刊は1面で掲載している。このブログサイトにしては珍しく外国人だけでなく、日本人も対象にした管理システム。しかも一般市民のバイオ情報をIT技術で扱うだけに、その是非や利用法には慎重さが求められる。
 朝日新聞の記事は、そのバイオ情報の利用がどこまで許されるのかについて議論を喚起する内容になっていたが、このブログでも数回にわけて、やはりのあたりを中心に書いてみたい。

1.「eパスポート」って何

 そもそも「eパスポート」とはなんだろう。
 次の図は、3月初旬に東京で開かれたICカード業界の展示会で、某システムメーカーの展示からの引用したものだ。外見上、パスポートはまったくこれまでのものとまったくかわらない。ただ、そのあるページにICチップと電波を送受信するためのアンテナが仕込んであるというものだ。


図「eパスポート」





図1:eパスポートの中に非接触ICチップ
JR東日本のSuicaなどで用いられている非接触タイプのICチップが用いられ、チップ内のデータは電波を使ってリーダーに転送される。


 まず、パスポートを作るときに、顔写真、指紋や手のひらの静脈の形状といった、所持者の身体的なデータ(バイオデータ)を採取する。後日調製されるパスポートにはICチップ内には、氏名や生年月日といった基本的な個人情報とあわせて、このバイオ情報が保存される。
 空港や港の入国管理局の審査ブースで、カードリーダーにかざす読み出される仕組みになっている。写真1は、審査ブースに置かれると想定される端末機の画面に、ICカード内の情報が表示されたところである。


eパスポートの認証画面(写真)










写真1:eパスポートの認証画面
左の指紋と顔写真はICチップ内に保存されたもの、右の指紋と写真は新たに採取されたもの。緑色の文字で「CONFIRMEL(=一致)」と表示され、両者が合致したことがわかる。


 eパスポートのまず第一の機能は、このように、パスポートに記載されている人物とブースに現れている人物が同一であるかどうかを確認することである。ICチップは、いったんデータを入れれば書き換えられないようにする。こうすれば、たしかに偽造は格段に難しくなる。
 他人がeパスポートを申請したり、eパスポートの調製システムを保有して、勝手に作っちゃうような大掛かりな不正にはもちろん対処できないが、調製以後は変造が難しくなる。現実的には、申請しバイオデータをスキャンしてから調製される間に偽造の機会は限られることになると見られる。eパスポートの第二の機能は、偽造パスポートの追放である。
 そして第三の機能は、もし、この認証システムを、もしホストサーバーにつながなければ実現しないのだが、これまでの入国履歴や渡航歴の蓄積である。日本だけでなく、米国やタイやオーストラリアといった他国とデーターを交換すれば、導入国における渡航歴はバッチリ集められるということになる。さらに要注意人物であるとか、なにか追加情報を入力するシステムにすれば、そうした負荷情報も、各国当局が参照できるようになるだろう。

 以上3つの機能について紹介したが、これを読んで、パスポートと所持人の一致を確認するためには、ホストサーバーはまったく不要だということに気づかれただろうか。上記の第一と第二の機能ではもちろん、ホストにデータ収集する第三の機能にとっても、もし、クレジットカード会社やカード屋さんが言うようにICチップそのものが変造されたことがないとするなら、やはり必要がない。
 申請時にパスポートセンターで、写真を撮影し、指紋や静脈形状はスキャンされる。パスポートに仕込むICチップに格納することさえ済んでしまえば、ネットワーク上でやり取りする必要はまったくない。発行システムのコンピューターから、ネットワークやデータベースに吸い上げる前に破棄して、捨て去ってしまっても一向に差し支えないのである。
 冒頭で紹介した、朝日新聞の記事では、バイオ情報の利用範囲がどうなるのかを、もっと議論すべきだという論調だった。もし、eパスポート本来の機能だけなら、ホストコンピューターのデーターベースにバイオ情報を蓄積する必然性は全くない。逆にいえば、もし、パスポートを発行後も、ICチップ内以外のバイオデータをすべて破棄しないとすれば、本来のeパスポートとは異なる意図があるか、あるいはICチップが偽造変造されることを前提にしたかのどちらかである。
 この新聞記事は、このことを知ってはいるのだろうが、強調していなかった。そこで、今回は「eパスポート」の仕組みとあわせて、「パスポートのICチップ以外にバイオデータを保存する必要はない」という論が十分成立することを覚えておいて頂くことにして、さらに論を進めることにしたい。

|

« 日比FTA/やはり介護労働者が本命 | Main | 入管法改正案、明日から参院法務委員会で審議スタート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/3346275

Listed below are links to weblogs that reference 進むeパスポート計画 -1:

« 日比FTA/やはり介護労働者が本命 | Main | 入管法改正案、明日から参院法務委員会で審議スタート »