« 上陸特別許可はどうやって申請する? | Main | 国内外国人/イベント紹介:12月上旬 »

October 23, 2004

外国人関連イベント詳解(~ほぼ11月中旬)

◎2004年外国人集住都市会議in豊田

外国人住民が多数居住する15都市の行政相互の情報交換を目的として3年前に設立された外国人集住都市会議だが、今回は、首長が3つの分科会(労働・コミュニティ・教育)で協議を行い、地域社会での円滑な外国人住民との共生を目指し、経済界との具体的な連携の可能性を探り、政策・制度改革論議に向けて積極的に参加することを宣言するという。午後は奥田碩氏(経団連会長)の記念講演「多様性人材立国への道」。

【と き】2004年10月29日(金)10時半~16時
【ところ】名鉄トヨタホテル(新豊田駅、豊田市駅)
【ひよう】無料(先着600人)
【問合せ】FAX0565-35-4745 jichi@city.toyota.aichi.jp


◎定住外国人の参政権関連シンポジウム

 98年秋に民主・公明両党が法案を作成したものの、自民党の反対にあって成立しなかった定住外国人の地方参政権。とはいうものの、地方自治体の重要課題を巡る住民投票のなかに取り入れられるケースが目立つようになった。
 他方、韓国では「盧武鉉政権になって、地方自治体の「住民投票法」(2004年1月公布、7月施行)が制定され、そこでは定住外国人に住民投票の請求権および投票権がともに認められ…」(下記リンク先より引用)るという状況で、在日コリアンらの団体が東京、ソウルでシンポジウムを開きながら、外国人参政権の導入推進を目指す。


 ■東京■日・韓・東アジアの「平和」と「共生」――定住外国人の地方参政権
パネリスト:樋口直人(徳島大学教員)、鄭印燮(ソウル大学校法学部教授)他
総合討論「日・韓・在日――共同の取り組みは可能か

  【と き】2004年11月7日(日)14:00~18:00
  【ところ】在日本韓国YMCA 地下ホール
  【ひよう】1000円(学生500円)→資料代
  【主 催】参政権日韓ネット
  【詳 細】北村健太郎 氏のHP


 ■ソウル■共同課題としての在日同胞・定住外国人の地方参政権
パネリスト:田中宏(龍谷大学教員)、金敬得(弁護士)、鄭暎惠(大妻女子大学教員)

  【と き】2004年11月24日(水)
  【主 催】参政権日韓ネット
  【詳 細】北村健太郎 氏のHP 


◎セミナー・外国人の子どもたちの「居場所」を考える

 外国人集住地域である新宿区大久保・百人町を拠点に、多文化共生のまちづくり
に取り組んでいる共住懇の山本重幸氏の話を聞く。

【と き】2004年10月30日(土)13時半~16時半
【ところ】神奈川県高等学校教育会館(相鉄線西横浜駅)
【主 催】神奈川県在日外国人(多民族・多文化共生)教育連絡協議会
【詳細HP】


◎セミナー:外国人児童生徒の育ちを支える仕組みづくり

 外国人児童生徒に対する日本語教育や学習支援のために、先進的な取り組みを行っている地域を取り上げ、これからの外国人児童生徒の育ちを支える仕組みづくりを考える。横浜市内の交流協会と中学校とボランティアの連携や、新宿のスクールコーディネーター活動の実践が報告される。教育関係者、NGO関係者ほかが対象。

【と き】2004年11月13日(土)13:30~16:30
【ところ】あーすぷらざ1F(JR根岸線「本郷台」駅徒歩3分)
【ひよう】無料
【主 催】同県国際交流協会、同県国際教育研究協議会
【詳 細】


◎シンポジウム「外国人市民の暮らしと行政サービス」

川崎市内の外国人市民関連の施策実施状況に関する調査結果を柏崎千佳子(慶応大)が報告するとともに、大川昭博(横浜市・ソーシャルワーカー)やカラカサン、かながわみんとうれんのメンバーらがパネラーとなって、最新の医療問題やフィリピン人母子、在日コリアンの暮らしについて報告されるシンポジウム。

【と き】2004年10月29日(金)18時~
【ところ】川崎市労連会館5F(川崎市川崎区東田町5-1)
【主 催】川崎市職労、川崎地方自治研究センター
【詳 細】


◎国際セミナー 日本と人身売買:
韓国、フィリピン、モンゴル・・・アジアからの報告

 人身売買網を根絶するための活動には国際協力が欠かせない。国内だけでなくアジアの送り出し国からの報告を受けながら、被害を受けた人たちをどのように保護/支援するのかを考える。パネラーは、バージ・イシハラ(フィリピン、FMC名古屋ディレクター)、ウランスージ・ゴンボスレン(モンゴル、CHRD代表)、武藤かおり(女性の家サーラー理事)、ユ・ヨンニム(韓国、ドゥレバンディレクター)、吉田容子(弁護士)ら。

【と き】2004年10月30日(土)13時~17時半
【ところ】立教大学 池袋キャンパス 8号館304教室
【ひよう】500円(資料代)
【主 催】アジア財団/立教大学院異文化コミュニケーション研究科(共催)
【詳 細】


◎セミナー「新史料で考える日本の朝鮮支配」

神戸学生青年センター主催の3回連続朝鮮史セミナー。日本による朝鮮支配の重要なテーマである「韓国併合」「創氏改名」「強制連行」について、講師から新しい史料の提供を受けともに考える。日程とテーマは、
11月10日(水):「韓国併合」は朝鮮人が望んだのか?(金慶海氏)
11月17日(水):「強制連行」はあったのか?なかったのか?(塚崎昌之氏)
11月24日(水):「創氏改名」は強制ではなかったのか?(水野直樹氏)

【ところ】神戸学生青年センター(灘区山田町、阪急六甲駅下車)
【ひよう】600円(学生300円)
【詳 細】


◎収容事例アンケート調査報告

入管問題調査会の定例会。この8月から各支援者にお願いしていた入管施設での処遇をめぐる実体の事例アンケートの集計報告が行われる。

【と き】2004年11月16日19時から 東
【ところ】東京弁護士会館10階(地下鉄「霞ヶ関駅」B1出口)
【ひよう】500円
【問合せ】FAX0426-37-8566

|

« 上陸特別許可はどうやって申請する? | Main | 国内外国人/イベント紹介:12月上旬 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/1751185

Listed below are links to weblogs that reference 外国人関連イベント詳解(~ほぼ11月中旬):

« 上陸特別許可はどうやって申請する? | Main | 国内外国人/イベント紹介:12月上旬 »