« 外国人関連イベント詳解(~ほぼ7月中旬) | Main | 二重国籍はずるいのか »

June 24, 2004

改正施行規則への対案のメモ

国民健康保険法について6月1日の施行規則改正のニュースが伝えられる前に、
1月の最高裁判決の趣旨にしたがって運用するとしたら、こんな感じかしらと
いう話が、国保裁判の支援グループ内でずいぶん話されていた、ような気がします。

このときのイメージを忘れないように、防備録的にここにアップしておこうと思います。
このメモの性格は、もちろんただただあっしの一存で整理しアップするものですが、
その個々の内容については、オリジナルのアイデアはほとんど含まれていない
ことをお断りしておきます。

それから整理するにあたって、あたかも厚生労働省のような
立場にたったような感じでまとめています。

ちょっと在特の手続きや、外国人登録に対する知識がないと
読んでもなんのことやらわからないかもしれません。

ようするに厚生労働省が施行規則の改正にあたって、
あたかも加入資格の認定作業が、実務的に難しい
かのような発表をしたので、
よく考えれば、最高裁の趣旨の通り、在特を希望して
出頭している外国人という範囲ならば、ちっとも
難しくはないぞ。…ということを示す資料だと
受け止めてくださいませ。

前置きが長くなりました。
------------------------------------------メモここから

1.市町村窓口の審査方法について

 なお、実際に加入資格の認定にあたる市町村の窓口に
 対しては次のような審査手順が考えらえる。これを各市町村に
 対して適切に指導することができる。

 (1)【確認すべき資料】在特審査中の者に対して発行されている
  審査番号を、地方入国管理局の連絡先と事件本人氏名の記
  されている「提出すべき資料について」やその写しで確認。
   仮放免中のものについては、「仮放免許可証」でもって確認する。
  また、在特を求める理由について不明瞭な場合は、入国管理
  局に提出した「理由書」の写しの提示を求める。
 (2)【生活実態の調査】
  保険税の請求や徴収に必要な生活状況の調査を併せて行なう。また、
  (1)に記した資料のうち、「仮放免許可証」以外の提示を得られない場合は、
  事案を直接扱う、弁護士や行政書士に確認し、生活状況の調査を行なう。
  提示を求めるべき資料や、代理人の証言等、在特を求める手続きが進行
  中であることについて具体的な根拠が得られない場合は、加入資格があ
  ると認定しないことができる。
 (3)【在特審査の終了時の扱い】
  在特審査が終了するも在留資格が得られなかった場合や、取り下げた場合、
  当該外国人は全て退去強制処分に付されることになるため、出国時に外国
  人登録カードを回収し、登録原票を閉鎖することになる。これを受けて通常の
  登録原票の閉鎖時と同様の扱いで、加入者資格の喪失の手続きを行なう。
  保険証の再発行時、
  また、なんらかの理由で退去処分が執行されなかった事案では、
  有効期間は1年と短期間に設定されている外国人登録カードの
  同カードの更新・再発行の申請を受けたときに、喪失の手続きも併せて
  行うことができる。

2.法務省・入国管理局との必要な協議

 (1)法務省とすみやかに協議し、事案番号の確認や審査状況についての照会に
  必要な事項を整理確認し、加入資格の認定・喪失の手続きの円滑化を図る。
 (2)加入資格があると思慮される事案については、入国管理局でも必要な手続き
  を取るよう、事件本人に指導すること。審査中および在留資格の交付後の
  保険税や年金税の継続的な納入について、その意義についての認識を高める
  ことに同局の本来業務を優先しつつも協力を求める。

----------------------------------------------メモここまで

|

« 外国人関連イベント詳解(~ほぼ7月中旬) | Main | 二重国籍はずるいのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/832583

Listed below are links to weblogs that reference 改正施行規則への対案のメモ:

» ごあいさつ  [外国人手帳]
人気blogランキングへこのブログは、ニューヨーク出身のアメリカ人&管理者まーちゃんが、日本で生活していく中で実際に感じた事・ぶつかった問題などを紹介しています。生活習慣の違いや人種差別・優遇差別など様々な問題がありますが、個人的な意見・主張を述べることを目的とせず、私が... [Read More]

Tracked on July 12, 2005 at 05:27 PM

« 外国人関連イベント詳解(~ほぼ7月中旬) | Main | 二重国籍はずるいのか »