« 新シリーズ:上陸特別許可の道について | Main | 東京地裁でアフガン難民勝訴 »

May 27, 2004

入管法改正案通過へ(付帯決議)

 ここで改正案の検討が終わらないうちに、昨日26日、入管法改正案の審議は衆議院法務委員会で裁決。以下の付帯決議をつけて、本会議に送付され、今日明日にも成立の見込みとなった。
 そんでもってそれでもコラムのほうは継続します。

出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案に対する附帯決議

 政府は、本法の施行に当たり、次の事項について特段の配慮をすべきである。

一 退去強制手続、在留特別許可等の運用に当たっては、当該外国人の在留中に生じた家族的結合等の実情を十分配慮し、画一的な運用とならないよう留意すること。

二 新しい出国命令制度及び在留資格取消し制度の運用に当たっては、本邦に在留する外国人の生活および家族関係等に十分配慮すること。

三 難民認定申請者に対する仮滞在許可については、第三国を短期間で経由した者や経由国で有効な保護を受けられない者を許可の対象から排除しないように、上陸後六か月経過後の申請の場合も申請者の事情を十分斟酌し実情に即して但し書きを適用するように、仮滞在が不許可となったときも難民条約の趣旨に沿って仮放免制度の柔軟な運用をするように努めること。

四 難民認定手続のより一層の充実を図るため、難民調査官に対する国際情勢等に関する定期的な研修の実施、難民調査官の十分な人数の確保等に努めるとともに、手続の客観性及び透明性が確保されるよう適切に措置すること。

五 難民審査参与員制度については、専門性を十分に確保する観点から、国連難民高等弁務官事務所、日本弁護士連合会及びNGO等の難民支援団体からの推薦者から適切な者を選任するなど留意するとともに、難民審査参与員の調査手段が十分に確保されるよう体制の整備を図ること。

六 難民への生活支援に関しては、十分な予算の確保及びNGO等の民間の諸団体との連携の推進に努めるとともに、必要があれば支援体制の法制化なども含め、支援のあり方について検討を行うこと。

七 仮滞在許可制度、難民に対する在留資格の付与、難民認定における不服申立制度等、難民認定に関する各種制度のあり方について、その運用状況を勘案しつつ、必要があれば速やかに検討を行うこと。

|

« 新シリーズ:上陸特別許可の道について | Main | 東京地裁でアフガン難民勝訴 »

Comments

What's up, yeah this post is truly good and I have learned lot of things from it regarding blogging. thanks.

Posted by: Food Allergies | September 15, 2014 at 01:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33387/662137

Listed below are links to weblogs that reference 入管法改正案通過へ(付帯決議):

« 新シリーズ:上陸特別許可の道について | Main | 東京地裁でアフガン難民勝訴 »